女性活躍推進法、成立しました!

ついに、先週、女性活躍推進法が成立しました。

301人以上の労働者を雇用する企業を対象に(300人以下は努力義務)、女性管理職の数値目標設定等が義務付けられることになりました。

具体的には、平成28年4月1日までに、以下3点に取り組む必要があります。

①自社の女性の活躍状況の把握・課題分析

②行動計画の策定と届出

③情報公表など

※女性活躍推進に関する取り組みの実施状況が優秀な企業は、厚生労働大臣の認定を受けることができます。

10月に行動計画策定指針も発表をされますので、貴社取り組みの参考になさってください。

<女性活躍推進法特集ページ>

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000091025.html/

意思決定の場に女性がほとんど参画できていない日本。日本の女性管理職の割合は11.1%で、108の国・地域ランキングでは96位に留まっています(ILO報告による)。

まだまだ、女性が活躍するためには課題が山積ですが、一歩ずつ、変わる方向へ確実に動いています。あきらめず、政府においても企業においても、女性自身も小さな変化を次へとつなげていく必要がありますね。

女性活躍推進法については、これからも逐次情報を発信してまいります!。

サブコンテンツ

ページの先頭へ戻る