実践!女性活用お役立ち情報画像

救いようのない話

先日、日生劇場で
ミュージカル『フランケンシュタイン』を
観ました。
http://www.tohostage.com/frankenstein/

キャスト全員の圧倒的な歌唱力と演技力!
そして、怪物役の加藤和樹さんのイケメンっぷり!
圧巻の3時間でした。

でも、一筋の光も見えない救いようのない話。
ビビりな私は手に汗握りながら、
心も体もズシリと重くなりました。
(私はすぐ体に反応が出てしまうのです・・・)

科学の力で神を超えようとする野望と、
死んだ親友を自らの力で蘇らせようとする想いで、
博士は、死体から人間を創造しようとします。

でも、完成したものは醜い怪物。
そして博士の手に負えないことがわかると
怪物を殺そうとします。

人間の欲望やエゴに翻弄される怪物は
創造主である博士への
憎しみを募らせていきます。

原作は100年も前の話ですが、
人間の本質は変わっていないんだなと。

移民排斥やテロの問題、児童虐待、AIと人間の関係・・・
何か予言しているようにも感じました。

そして、皆、認められたいと願っている。
自尊心が満たされることが、
生きる力の源、
困難へと立ち向かう力の源になっているんだと。

皆さんの職場は
自尊心が満たされている職場ですか?

サブコンテンツ

ページの先頭へ戻る