実践!女性活用お役立ち情報画像

「強み」と「クリエイティビティ」

アメリカンフットボールの指導問題が
日本中を賑わしていますが、
今日は敢えて、ビジネスの場面でもヒントになる
ラグビーの指導者のお話をご紹介いたします。

選手達の意識改革に着手し、
ワールドカップ2015南ア戦で
日本代表チームを歴史的勝利へと導いた、
元日本代表ヘッドコーチのエディー・ジョーンズ氏。

ジョーンズ氏は、
選手達の意識改革のキーワードに
「強み」と「クリエイティビティ」を挙げています。

日本のスポーツで、
選手の「クリエイティビティ」に
触れられることはまずありません。
一見、???という感じですね。

「クリエイティビティ」とは、
自分の「強み」に気づいて、
チームで自分の「強み」をどう機能させるか、
チームにどう貢献するかを考えること。

ただ、当初、選手達は、
自分の弱みを改善する意識が強く、
自分の「強み」が
なかなか口から出てこなかったそうです。

エディー氏は、
まずは自分の「強み」に
気づくことの大切さを語っています。

「強み」×「クリエイティビティ」=チームへの貢献

シンプルではありますが、
ビジネスの場でも、
転用できる考え方ではないでしょうか。

また、メンバーひとりひとりのチームへの貢献意欲は、
チームワークにとって不可欠なものです。
チーム(職場・会社)へ自分が与える影響を
考えながら動くことができれば、
その人の言動は変わっていくでしょう。

日頃の部下指導や
評価のフィードバック面談の中でも、
「強み」×「クリエイティビティ」=チームへの貢献
ちょっと加えてみてはいかがでしょうか。

ただ、弱みを改善している方が
リーダーのリスクは小さくて済むので、
リスクを受け止める覚悟も
ここでは必要です。

『エディー・ジョーンズとの対話
コーチングとは「信じること」』 生島淳著

ビジネスの場でも使える知恵が満載です。

サブコンテンツ

ページの先頭へ戻る